FAQ Category: SSL VPN

Ubuntu で VPN したい

Ubuntu 16.04 および 18.04 での VPN 設定について,以下のような情報をいただきましたので,参考までに掲載します。

vpn 接続 on ubuntu16.04       2018.4.  M.Ichimura

  1. 必要なパッケージのインストール
    apt-get install で以下の3つのパッケージをインストールする。

    sudo apt-get install vpnc network-manager-vpnc network-manager-vpnc-gnome
  2. VPN設定
  •   「システム設定」->「ネットワーク」を選択。
  • 左下の「+」ボタンを押して、インターフェース「VPN」を選択、「作成する」をクリックする。
  • 「VPN接続の種類を選んでください。」が表示されたら、メニューから「Ciso 互換 VPN (vpnc)」を選択して「作成」
  • 引き続き以下の情報を入力してから「保存」する。
    接続名: 弘前大学    <== 何でも良い
    ゲートウェイ: vpn.gw.hirosaki-u.ac.jp
    ユーザ: (Hiroin ID)
    ユーザパスワード: (Hiroin IDのパスワード)
    グループ名: hiroin
    グループパスワード: Hirosaki0531

以上で設定は終了。あとは、画面上部のネットワークアイコン->「VPN接続」から設定した接続名(弘前大学)を選択すればVPN接続される。「VPNを切断する」を選択すれば切断される。

 

Permanent link to this article: https://itc.hirosaki-u.ac.jp/faqs/ubuntu-vpn

Global Protectのバージョンを上げた後にVPN接続に失敗する

Global Protect をVersion 4.1 にアップデートした際に、今まで利用していたSSL VPN の接続が失敗するようになったとの報告がありました。

一度ポータルの設定を削除して再度設定すると改善する場合があります。

Hiroin IDとパスワードを入力して「サインイン」を押しても、接続できない場合の対応方法

接続できない場合は、一度「キャンセル」を押して、右上のマークをクリックし「設定」を選択する。

  

既に登録しているポータルを指定し、「削除」を押す。

「追加する」を選択して、ポータルアドレスに「vpn.gw.hirosaki-u.ac.jp」を入力し、「保存」を押す。

 

 

以上の対応で状況が改善されない場合は、Global Protect をアンインストールして、再度インストールから設定を行ってみてください。

SSL VPNサービスの利用方法
https://itc.hirosaki-u.ac.jp/ssl-vpn

Permanent link to this article: https://itc.hirosaki-u.ac.jp/faqs/global-protect_versionup-signin-failed